【常山蛇勢】じょうざんのだせい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[常山蛇勢]の意味です

  • 意 味:先陣と後陣、左翼と右翼などが互いに相応じて攻撃・防御する隙のない陣立てのこと。また、文章などが首尾一貫していることにも用いる。
  • 由来 / 語源:「孫子の兵法」に由来。「常山」は中国の河北省にある山のこと。兵法で、前後の陣や、左右の陣が互いに呼応して戦う隙のない戦法のこと。
  • 【故事】常山に住む率然という両頭の蛇は、首を撃てば尾が助け、尾を撃てば首が助けるという故事から。
  • 出 典:『孫子』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文彼の文章は首尾が一貫していて、まさに常山蛇勢だ。
  • 類義語:常山蛇陣(じょうざんのだじん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=