【射石飲羽】しゃせきいんう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[射石飲羽]の意味です

  • 意 味:精神を集中して必死の思いで事にあたれば、どんな困難なことでも成し遂げることができるというたとえ。
  • 由来 / 語源:「射石」は、矢で石を射る。「飲羽」は、矢の羽までも深く突き刺さるといこと。「石(いし)を射(い)て羽(はね)を飲(の)む」と訓読する。【故事】楚の熊渠子が、暗闇にうずくまっている虎らしきものを見つけ、集中して力いっぱい矢を射たところ、虎ではなく大きな石に矢の羽までも深く突き刺さっていたという故事から。
  • 出 典:『韓詩外伝』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文難しい司法試験も射石飲羽の思いで、最後まであきらめず合格することができた。
  • 類義語:
    一念通天(いちねんつうてん)
    精神一到(せいしんいっとう)
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:宇宙兄弟
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=