【窮鼠嚙猫】きゅうそごうびょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[窮鼠嚙猫]の意味です

  • 意 味:弱い者でも、窮地に追い詰められると、思いもよらない力を発揮して、強い者を打ち負かすこともあるというたとえ。
  • 由来 / 語源:ネズミも追いつめられて逃げ場を失えば、ネコにかみつくこともあるという意味から。「窮鼠(きゅうそ)猫(ねこ)を嚙(か)む」と訓読する。「窮鼠噛猫」
  • 出 典:『塩鉄論』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文人目のないところでパワハラを繰り返していた上司は、部下の窮鼠噛猫の如き反撃を食らって、左遷された。
  • 類義語:
    窮鼠噛狸(きゅうそごうり)
    禽困覆車(きんこんふくしゃ)
    困獣猶闘(こんじゅうゆうとう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=