【屋梁落月】おくりょうらくげつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[屋梁落月]の意味です

  • 意 味:沈みかけた月が暗雲を押し開いて、屋根の梁を照らし、再び光明を見い出すこと。友人を心から思う情をいう。
  • 由来 / 語源【故事】中国唐の杜甫が友人の李白の南方に流されたのを思いやり、「夜空に沈みかかった月の光がこの部屋の梁いっぱいに照らし、その光がまだあなたの顔を照らし出しているように思えてならない」と詠んだという故事から。「落月屋梁」ともいう。
  • 出 典:杜甫の詩から
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文君がこの町を去り、ネットからも姿を消して十年の歳月が流れたけれど、屋梁落月、この暗い部屋で光るディスプレイのなかに君の面影が浮かぶ気がしてならない。
  • 類義語:
    落月屋梁(らくげつおくりょう)
    空梁月落(くうりょうげつらく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=