【乾坤一擲】けんこんいってき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[乾坤一擲]の意味です

  • 意 味:天下をかけた大ばくちのこと。自分の運命をかけて、のるかそるかの大勝負をする。
  • 由来 / 語源:「一擲乾坤」ともいう。「乾坤」は天と地、「一擲」はサイコロを投げて、天(奇数)が出るか、地(偶数)が出るかを賭けることの意。
  • 出 典:韓愈「過鴻溝」
  • 英 訳:stake all / play for all or nothing; throwing all into a task
  • 使い方 / 例文
    ①この厳しい経済情勢の中、乾坤一擲の新規ビジネスを行う。
    ②「進むも地獄、引くも地獄で乾坤一擲、打って出る以外にない」(石原都知事)
  • 類義語:
    一六勝負(いちろくしょうぶ)
    梟盧一擲(きょうろいってき)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検1級
  • 人気 / 実用度:話す★★☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=