【愛多憎生】あいたぞうせい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[愛多憎生]の意味です

  • 意 味:度を過ぎて愛情を受けることは第三者の憎しみをかい、身の破滅のもと。人の愛情に甘え過ぎてはいけないということ。
  • 由来 / 語源:「愛多ければ憎しみ生ず」とも読む。
  • 出 典:『亢倉子』「用道」
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文彼は彼女を思うあまり、愛多憎生ともいうべき強い執着と怒りの心に支配された。
  • 類義語: 愛多憎至(あいたぞうし)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=