【握髪吐哺】あくはつとほ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[握髪吐哺]の意味です

  • 意 味:人材を得ようとして努めること。また、すぐ人に会うこと。どんな時にも客人を待たせない努力。
  • 由来 / 語源【故事】 中国の周公旦は、来客があったとき、入浴中であれば洗いかけの髪を握り、食事中であれば口の中の食べ物を吐き出し、すぐに客を出迎えた。「髪を握り哺を吐く」と訓読みする。「吐哺握髪(とほあくはつ)」ともいう。略して「吐握」ともいう。
  • 出 典:『韓詩外伝』 『史記(魯周公世家)』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文握髪吐哺して将来を担う人材を確保することが会社を発展させる。
  • 類義語:
    人材登用(じんざいとうよう)
    草廬三顧(そうろさんこ)
    一饋十起(いっきじっき)
    吐哺捉髪(とほそくはつ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=