【合縁奇縁】あいえんきえん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[合縁奇縁]の意味です

  • 意 味:人と人の気が合うのも、合わないのも全て不思議な縁によるものだという事。
  • 由来 / 語源:「縁」は、めぐり合わせ。「合縁」は「愛縁」「相縁」、「奇縁」は「機縁」とも書く。特に男女・夫婦・友人の仲について言う。
  • 英 訳: a couple strangely but happily united / uncanny relationship formed by a quirk of fate
  • 使い方 / 例文:
    ① 出会いは合縁奇縁、ウマが合わない人からも得られることがきっとあるはずです。
    ② 親同士がすすめた結婚で、お互いに不安だらけのスタートでしたが、まさに合縁奇縁、たいした喧嘩もせずに、いつのまにか50年になりました。天の配剤に感謝、感謝の毎日です。(金婚式での謝辞)
  • 類義語:
    合縁機縁(あいえんきえん)
    愛縁機縁(あいえんきえん)
    相縁機縁(あいえんきえん)
    相縁奇縁(あいえんきえん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=