【以心伝心】いしんでんしん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[以心伝心]の意味です

  • 意 味:言葉や文字を使わなくても、お互いの意志が通じること。
  • 【以心伝心】いしんでんしん由来 / 語源:仏教用語で、言葉や文字で表現することが難しい仏法の真髄を師から弟子の心に伝えることから。もともと禅宗で用いていた。「心を以て心に伝ふ」と訓読みする。
  • 出 典:『禅源諸詮集都序』
  • 英 訳:heart-to-heart communication /thought transference
  • 使い方 / 例文
    ① 小学校の時からの友人である彼とは以心伝心で、口に出さなくても、彼が何をしようとしているのか分かる。
    ② 盲導犬は命令を出さずとも、飼い主との以心伝心が出来ているように見える。
  • 類義語:
    拈華微笑(ねんげみしょう)
    不立文字(ふりゅうもんじ)
    感応道交(かんのうどうこう)
    神会黙契(しんかいもっけい)
    黙契秘旨(もっけいひし)
    教外別伝(きょうげべつでん)
    維摩一黙(ゆいまいちもく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★★★ 書く★★★
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=