【一唱三嘆】いっしょうさんたん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一唱三嘆]の意味です

  • 意 味:詩文などを一度読んで何回も感嘆すること。
  • 由来 / 語源【故事】 むかし、先祖のみたまやの祭で、一人が歌いだすと、他の三人がそれに合わせて歌ったという。
    転じて、すぐれた詩文などを称賛していう。
  • 出 典:『礼記(楽記)』
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文まさに一唱三嘆の名文である。
  • 類義語:一読三嘆(いちどくさんたん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=