【一陽来復】いちようらいふく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一陽来復]の意味です

  • 意 味:厳しい冬が終わると暖かい春が訪れる。一般には新年が来ること。また、よくないことが続いた後に、よいことがめぐってくること。
  • 由来 / 語源「一陽」は冬から春になる兆しのこと。「来復」は再びやってくること。もとは易経の言葉で、陰と陽の二つを組合せたものからなる六十四卦で、陰暦十月は陰だけで構成され、冬至から陽が一つ含まれるようになるということから。
  • 出 典:『易経』
  • 英 訳:winter solstice
  • 使い方 / 例文
    ① ようやく一陽来復の兆しが見えてきた。
    ② 今はまさに人生の冬の時代だが、いつかまた春は来ると努力を怠らず一陽来復の時を待っている。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=