【一觴一詠】いっしょういちえい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一觴一詠]の意味です

  • 意 味:酒を飲みながら詩を歌って、風流に楽しむこと。
  • 由来 / 語源:ひとさかずきの酒を飲み、一つの詩を歌う意から。「觴」はさかずき。「詠」は詩を作ること、詩を歌うこと。「一詠一觴(いちえいいっしょう)」ともいう。
  • 英 訳:
  • 出 典:王羲之『蘭亭集序』
  • 使い方 / 例文市長の職を全うした後は、一觴一詠な生活をして余生を楽しみたい。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検1級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=