【一労永逸】いちろうえいいつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一労永逸]の意味です

  • 意 味:一度苦労すれば、その後長くその恩恵を被り、安楽な生活を送ることができること。また、ほんの少しの苦労で、多くの安楽が得られること。
  • 由来 / 語源「一労」は、一度の苦労、少しの苦労。「永」は、長く。「逸」は、安楽・利益。「一(ひと)たび労(ろう)して永(なが)く逸(やす)んず」と訓読する。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『文選』
  • 使い方 / 例文
    一労永逸を願って様々な努力を続けているが、いまだに労多くして益少なしの状況を脱却できない。
    ② これを乗り越えれば一労永逸だと信じ、チーム一丸となって必死に商品開発に励んだ。
  • 類義語:
    一労久逸(いちろうきゅういつ)
    暫労永逸(ざんろうえいいつ)
    先難後獲(せんなんこうかく)
  • 対義語: 
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=