【一葉知秋】いちようちしゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[一葉知秋]の意味です

  • 意 味:わずかな前兆や現象から、物事の本質や衰亡を察すること。
  • 由来 / 語源一枚の葉が落ちるのを見て、秋の近いことに気付くことから。「知秋」は、秋の近いことに気付くこと。一般に、「一葉(いちよう)秋(あき)を知(し)る」と訓読する。
  • 出 典:『淮南子』
  • 英 訳:
  • 使い方 / 例文彼の死は、この町全体があらゆる意味で凍てついた季節へと向かうことを予期させる、一葉知秋の知らせそのものであった。
  • 類義語:
    梧桐一葉(ごどういちよう)
    桐葉知秋(どうようちしゅう)
    葉落知秋(ようらくちしゅう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=