【雲散霧消】うんさんむしょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雲散霧消]の意味です

  • 意 味:心の中に溜まっていたわだかまりや悩みが消えて、さっぱりした気持ちになる意味にも使う。
  • 由来 / 語源:雲や霧が消え去るように、物事が跡形もなく消えてしまうことから。「雲散」は、雲が風に吹き飛ばされて消えてしまうこと。「雲消霧散(うんしょうむさん)」ともいう。
  • 英 訳:disperse like mist /go up in smoke
  • 使い方 / 例文
    ① これまでの悩みが雲散霧消して、今は晴々としている。
    ② もやもやした気持ちを雲散霧消するには、思い切り汗をかくことも時には必要です。
    ③ 企画を進めていくなかでいつの間にか雲散霧消してしまった。(若林恵『WIRED』Vol.19)
  • 類義語:
    雲散鳥没(うんさんちょうぼつ)
    雲消雨散(うんしょううさん)
    煙消霧散(えんしょうむさん)
    海市蜃楼(かいししんろう)
    蜃楼海市(しんろうかいし)
    無影無踪(むえいむそう)
  • 対義語:
    雲合霧集(うんごうむしゅう)
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★★☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=