【雲煙過眼】うんえんかがん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雲煙過眼]の意味です

  • 意 味:雲や霞がたちまち目の前を通り過ぎるように、その場限りで、心にとめないこと。また、わだかまりや悩みが消え、さっぱりした気持ちになること。
  • 由来 / 語源:「雲煙」は、雲と煙。雲とかすみ。消えやすいもののたとえ。「過眼」は、目の前を過ぎ去ること。「雲烟過眼」とも書く。「過眼雲煙(かがんうんえん)」ともいう。
  • 出 典:蘇軾『宝絵堂記』
  • 使い方 / 例文六十にして、ようやく雲煙過眼の境地に達した。
  • 類義語:
    行雲流水(こううんりゅうすい)
    烟雲過眼(えんうんかがん)
    虚静恬淡(きょせいてんたん)
    無欲恬淡(むよくてんたん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:『海辺のカフカ』
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=