【雲蒸龍変/雲蒸竜変】うんじょうりゅうへん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雲蒸龍変]の意味です

  • 意 味:英雄や豪傑などのすぐれた人物が、機会を得て世に出て活躍するたとえ。
  • 由来 / 語源雲がわきあがり、龍がそれに乗って勢いを増し、変幻自在に活動する意から。「雲蒸」は、雲がわき起こること。「うんじょうりょうへん」とも読む。「雲蒸竜変」とも書く。
  • 出 典:『史記』
  • 使い方 / 例文もともと才能とカリスマを持っていた彼は、いよいよ雲蒸龍変の時を迎えた。
  • 類義語:
    雲蒸竜騰(うんじょうりゅうとう)
    雲起竜驤(うんきりょうじょう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:天草四郎
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=