【慧可断臂】えかだんぴ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[慧可断臂]の意味です

  • 意 味:非常に強い決意のほどを示すこと。また、切なる求道の思いを示すこと。
  • 由来 / 語源「慧可」は中国南北朝時代後期の高僧で、禅宗の第二祖。「断臂」は臂ひじ(腕)を切り落とすこと。この語は後世、画題としても有名。【故事】 禅宗の高僧慧可は、嵩山すうざんの少林寺にいた達磨だるまに教えを請うたが、達磨は面壁めんぺきするばかりであった。慧可はある大雪の夜、雪の中に立って自分の左臂ひじを切り落として求道の決意のほどを示し、それによって教えを授けられたという故事から。
  • 英 訳: 
  • 出 典:『続高僧伝(ぞくこうそうでん)』一六
  • 使い方 / 例文慧可断臂の覚悟をもって交渉に向かったが、不調に終わった。
  • 類義語: 
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=