【往古来今】おうこらいこん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[往古来今]の意味です

  • 意 味:過去から未来まで、綿々と続く時間の流れ。また、時間と空間の限りない広がり。
  • 由来 / 語源「往古」は過ぎ去った昔。「来今」は今からこの先。『淮南子』斉俗訓では、「往古来今、之を宙と謂い、四方上下、之を宇と謂う」とあり、時間と空間の限りない広がりをいっている。
  • 英 訳:Going ancient times now
  • 出 典:『鶡冠子』
  • 使い方 / 例文
    ① 満点に広がる星々の輝きを見上げながら、人間の往古来今についていろいろと想像する。
    ② 人の一生など、この往古来今のなかにあっては砂粒よりも矮小に思えるが、個々の心のうちの広がりは宇宙にも匹敵するものであると信ずる。
  • 類義語:
    古往今来(こおうこんらい)
    古今東西(ここんとうざい)
    今来古往(こんらいこおう)
    東西古今(とうざいここん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=