【渇仰随喜】かつごうずいき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[渇仰随喜]の意味です

  • 意 味:仏教で、心から喜んで仏道に帰依し、仏を厚く信仰すること。また、他人の姿や行動に好意を寄せ、心からあこがれ慕うこと。
  • 由来 / 語源「渇仰」は、仏教で、のどがかわいては水を欲し、山に対しては高いことを慕い仰ぐように、仏を慕い求めること。転じて、心からあこがれ慕うこと。「随喜」は、仏教で、他人のする善行を見て、これに同感し喜びの心を生ずること。転じて、他人の行動に好意を寄せること。「かつぎょうずいき」とも読む。
  • 出 典: 
  • 使い方 / 例文いるだけで華のある芸能人の方々のボランティア活動に渇仰随喜する気持ちは理解できる。
  • 類義語:
    随喜渇仰(ずいきかつごう)
    欣求浄土(ごんぐじょうど)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=