【花鳥風月】かちょうふうげつ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[花鳥風月]の意味です

  • 意 味:天地自然の美しい風景。また、それらを鑑賞することや、題材にした詩歌・絵画をたしなむ風雅の道をいう。
  • 由来 / 語源:「花鳥」は花と鳥、「風月」は風と月のこと。代表的な自然の風物を並べた言葉。
  • 英 訳:beauties of nature; the traditional themes of natural beauty in Japanese aesthetics
  • 使い方 / 例文
    花鳥風月を描かせることでは、同学年で彼の右に出るものはいないだろう。
    ② 信長の平素には花鳥風月をたのしむ趣味はほとんどないのである。(司馬遼太郎『国盗り物語』)
  • 類義語:
    花晨月夕(かしんげっせき)
    花朝月夕(かちょうげっせき)
    花鳥月露(かちょうげつろ)
    春花秋月(しゅんかしゅうげつ)
    雪月風花(せつげつふうか)
    琴歌酒賦(きんかしゅふ)
    風流韻事(ふうりゅういんじ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す★★☆ 書く★★★
  • この四字熟語の連想キーワード:徳川吉宗
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=