【閑雲野鶴】かんうんやかく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[閑雲野鶴]の意味です

  • 意 味:俗世に煩わされず、悠々自適の生活を送ることをいう。
  • 由来 / 語源静かに浮かぶ雲と、野に遊ぶ鶴の意から。「閑雲」は、大空にゆったり浮かんでいる雲。「野鶴」は、野原で悠然と遊んでいる鶴。転じて、官に仕えず、世を避け隠れている人のこと。「閑雲野鶴を友とする」の形で用いられることが多い。
  • 出 典:『全唐詩話』
  • 使い方 / 例文そして十幾ヶ月の間閑雲野鶴を伴として暮らしたが、(石川啄木『葬列』)
  • 類義語:
    孤雲野鶴(こうんやかく)
    閑雲孤鶴(かんうんこかく)
    琴歌酒賦(きんかしゅふ)
    悠々自適(ゆうゆうじてき)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=