【疑事無功】ぎじむこう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[疑事無功]の意味です

  • 意 味:疑いながら、またためらいながら事を行うようでは、成果は期待できないということ。一度決めたことは決然として断行すべきであるという戒めの語。
  • 由来 / 語源:「疑事ぎじ功こう無なし」と訓読する。
  • 出 典:『戦国策』趙策。「疑事は功無く、疑行は名無し」
  • 使い方 / 例文
    疑事無功ということにならぬよう、その道を選んだ自分の判断を信じて、全力で向かいなさい。
    ② 何事も疑事無功になるよりも、失敗を恐れずに挑戦していくのがいいと考えます。
  • 類義語:疑行無名(ぎこうむめい)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:「ノルウェイの森」
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=