【鳩居鵲巣】きゅうきょじゃくそう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[鳩居鵲巣]の意味です

  • 意 味:努力しないで他人の成功や地位を横取りするたとえ。また、人の家に仮住まいするたとえ。
  • 由来 / 語源ハトは巣作りが下手で、巣作りの上手なカササギの巣に住み、卵を生むことから。女性が嫁いで夫の家を我が家とするたとえから転じて。
    「鵲」は、カササギのこと。「鳩鵲(はとかささぎ)の巣(す)に居(お)る」と訓読する。「鵲巣鳩居(じゃくそうきゅうきょ)」とも言う。
  • 出 典:『詩経』
  • 使い方 / 例文鳩居鵲巣だろうと寄生だろうとかまわないから、私は嫁がほしいのである。
  • 類義語:
    鵲巣鳩居(じゃくそうきゅうきょ)
    鵲巣鳩占(じゃくそうきゅうせん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=