【蛍窓雪案】けいそうせつあん

スポンサーリンク

▼これが[蛍窓雪案]の意味です

  • 意 味:苦労して学問に励むことのたとえ。
  • 由来 / 語源:蛍の光と雪明かりで勉強するという意味から。
  • 【故事】「蛍窓」は、晋の車胤が、貧しかったために蛍を集めてその光で書物を読んだという故事。「雪案」は、同じく貧しかった晋の孫康が、窓からさしこむ雪の明かりで書物を読んだという故事による。
    略して「蛍案(けいあん)」「蛍雪(けいせつ)」とも言う。また、「雪案蛍窓(せつあんけいそう)」ともいう。
  • 出 典:『初学記』二引き『宋斉語』
  • 英 訳:Window of a study snow plan
  • 使い方 / 例文: 
  • 類義語:
    雪案蛍窓(せつあんけいそう)
    苦学力行(くがくりっこう)
    蛍雪之功(けいせつのこう)
    懸頭刺股(けんとうしこ)
    車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)
    孫康映雪(そんこうえいせつ)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
スポンサーリンク