【座薪懸胆】ざしんけんたん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[座薪懸胆]の意味です

  • 意 味:復讐するため、自分の身を苦しめてその志が衰えないように励ますこと。また、目的を遂げるために苦労に耐えることのたとえ。
  • 由来 / 語源:座薪」は固い薪の上に座ること、「懸胆」は枕元に苦い肝を懸けて、寝起きになめること。
    あえて固い薪(たきぎ)の上に座り、寝起きに苦い肝をなめることで、復讐心を忘れないようにしつつ、わき立たせるという意味から。漢文訓読では、「薪に座してきもを懸く」と読む。
  • 出 典:
  • 使い方 / 例文:多くの成功者に、座薪懸胆した過去がある。
  • 類義語:
    臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
    漆身呑炭(しっしんどんたん)
    呑炭漆身(どんたんしっしん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=