【只管打座】しかんたざ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[只管打座]の意味です

  • 意 味:ただひたすらに座禅することをいう。
  • 由来 / 語源:「只管」は、ただひたすら。「打座」は、仏教で、座禅すること。「只管打坐」とも書く。「しかんだざ」と読むのは誤り。
  • 出 典:『正法眼蔵随聞記』
  • 英 訳:shikantaza (zazen meditation in which one focuses on sitting without actively seeking enlightenment)
  • 使い方 / 例文:
    只管打座を行ったからといって、聖人になれるわけでありません。
    ② 山中独居の禅僧が、面壁数年、只管打坐に徹しても、かすみを食って生きられるはずはない。
  • 類義語:
    一心精進(いっしんしょうじん)
    帰命頂礼(きみょうちょうらい)
    精進勇猛(しょうじんゆうもう)
    大死一番(だいしいちばん)
    勇猛精進(ゆうもうしょうじん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=