【雌伏雄飛】しふくゆうひ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[雌伏雄飛]の意味です

  • 意 味:活躍する機会を待ちながら人の下に従い、低い地位に甘んじ、やがて時機が来ると大いに活躍すること。
  • 由来 / 語源:「雌伏」は、雌鳥が雄鳥に従うこと。転じて、人に付き従うこと。低い地位に辛抱していること。「雄飛」は、雄鳥が高く羽ばたくように、盛んに活躍すること。
  • 英 訳:biding one’s time building up strength till finally grasping an opportunity to launch out and flourish
  • 出 典:『後漢書』
  • 使い方 / 例文:かつて中国は雌伏雄飛を期していると思われたことから、眠れる獅子と呼ばれた。
  • 類義語:
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=