【殊塗同帰】しゅとどうき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[殊塗同帰]の意味です

  • 意 味:手段や方法は違っても、同じ目的や結論に到達すること。
  • 由来 / 語源:行く道は違っていても、同じ所に帰着する意から。「殊」は異なること。「塗」は「途」に同じで、途中・みち。「帰」は帰着するところ。目的。「塗みちを殊ことにして帰きを同おなじくす」と訓読する。「塗」は「途」とも書く。また、「同帰殊塗どうきしゅと」ともいう。
  • 出 典:『易経』「繋辞伝・下」
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文仕事の課題に方程式はないが、殊塗同帰で同じ解決策に行き着くことがある。
  • 類義語:
    異路同帰(いろどうき)
    同帰殊塗(どうきしゅと)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=