【先憂後楽】せんゆうこうらく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[先憂後楽]の意味です

  • 意 味:政治家は、人々よりも先に国のことを心配し、人々が楽しんだ後で自身も楽しむべきだということ。
  • 由来 / 語源:政治を行う者の心得を説く言葉。また、先に苦労したり心配事をなくしたりしておけば、後で楽ができるという意味で用いられることもある。「天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」という北宋の范仲淹が言った言葉を略したもの。東京都と岡山県にある日本庭園「後楽園」の語源。出 典:笵仲淹『岳陽楼記』
  • 英 訳:hardship now, pleasure later
  • 出 典:范仲淹「岳陽楼記」
  • 使い方 / 例文:先憂後楽と思えば、苦労もいとわずにやれる。
  • 類義語:先難後獲(せんなんこうかく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検3級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=