【巣林一枝】そうりんいっし

《スポンサードリンク》
 

▼これが[巣林一枝]の意味です

  • 意 味:小さい家に満足すること。分相応の暮らしに満足すること。不必要に他の物まで求めようとせず、分相応を守るたとえ。
  • 由来 / 語源:鳥は木のたくさんある林に巣を作っても、自分で使うのは一本の枝だけであるという意から。「巣林」は、林に巣を作ること。「一枝巣林(いっしそうりん)」ともいう。
  • 英 訳:Sokushinbutsu
  • 出 典:『荘子』
  • 使い方 / 例文:定年後妻と二人で田舎に帰り、巣林一枝の生活を楽しんでいます。
  • 類義語:
    知足安分(ちそくあんぶん)
    飲河之願(いんかのねがい)
    飲河満腹(いんかまんぷく)
  • 対義語: 
  • 漢検出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=