【草根木皮】そうこんぼくひ

《スポンサードリンク》
 

▼これが[草根木皮]の意味です

  • 意 味:草の根と樹木の皮の意で、漢方薬のこと。飢饉の時にかろうじて口にすることができる、粗末な食物。
  • 由来 / 語源:「そうこんもくひ」とも読む。
  • 出 典:『金史』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文:風聞を信じ、神仏を信じ、卜筮を信じ、父母の大病に按摩の説を信じて草根木皮を用い、(福沢諭吉『学問のすすめ』)
  • 類義語:
    悪衣悪食(あくいあくしょく)
    粗衣粗食(そいそしょく)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:漢検5級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=