【天壌無窮】てんじょうむきゅう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[天壌無窮]の意味です

  • 意 味:天地とともに窮(きわ)まりのないこと。永遠に続くこと。
  • 由来 / 語源:「天壌」は天と地のことで、広く大きいことや終わりがないことのたとえ。「無窮」は極まりないという意味から、永遠や永久のたとえ。
  • 出 典:『日本書紀』「神代紀」
  • 英 訳:as eternal as heaven and earth
  • 使い方 / 例文:この世の天壌無窮を神仏に祈る。
  • 類義語:
    天地悠久(てんちゆうきゅう)
    天長地久(てんちょうちきゅう)
    天地長久(てんちちょうきゅう)
    百載無窮(ひゃくさいむきゅう)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検準2級
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
  • この四字熟語の連想キーワード:火の鳥
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=