【南洽北暢】なんこうほくちょう

《スポンサードリンク》
 

▼これが[南洽北暢]の意味です

  • 意 味:王や皇帝の恩恵と威徳が、隅々まで行き渡ること。
  • 由来 / 語源:「南洽」は、南に広まる。「北暢」は、北に達する。
  • 出 典:『漢書』
  • 使い方 / 例文:国境近くの小さな村にも南洽北暢し、人々は平和な生活を送っている。
  • 類義語:恩沢洪大(おんたくこうだい)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=