【背水之陣】はいすいのじん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[背水之陣]の意味です

  • 意 味:決死の覚悟で戦に臨む。また、決死の覚悟で事に当たること。
  • 由来 / 語源:川や海を背にして退路のない陣形で戦うという意味。
  • 【故事】漢の韓信が、戦いの際に川を背にして退却できない状況を意図的に作り兵に決死の覚悟をさせて、二十万以上の趙の兵に大勝したという故事から。
  • 出 典:『史記』
  • 英 訳:fighting with one’s back to the wall; having burnt one’s bridges / last stand / from strategy of general Han Xin in the Battle of Jingxing
  • 使い方 / 例文:
    ① うちのような小さい会社がこれだけの事業費を投入するのだから背水之陣の心境だ。
    ② 何度も受験しても不合格続きの資格試験だが、今年で受けるのは最後だと己の中に背水之陣をひいて挑むことにした。
  • 類義語:
    破釜沈船(はふちんせん)
    済河焼船(せいかしょうせん)
    背水一戦(はいすいいっせん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す 書く
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=