【磨穿鉄硯】ませんてっけん

《スポンサードリンク》
 

▼これが[磨穿鉄硯]の意味です

  • 意 味:強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えないこと。また、学問にたゆまず励むたとえ。
  • 由来 / 語源:鉄でできている硯すずりをすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。
  • 【故事】中国五代の桑維翰そういかんが、鉄の硯がすり減るまで猛勉強を続け、念願の科挙(中国の官吏登用試験)合格を成し遂げた故事から。
    「磨」は磨滅させる、すり減らす意。「穿」はうがつ、穴をあける意。「鉄硯てっけんを磨穿ませんす」と訓読する。「鉄硯磨穿てっけんません」ともいう。
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文: 
  • 類義語:
    蛍雪之功(けいせつのこう)
    蛍窓雪案(けいそうせつあん)
    坐破寒氈(ざはかんせん)
  • 対義語:
  • 漢検出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=