ホーム > 【ま行】 > 【面壁九年】めんぺきくねん

▶ 【面壁九年】めんぺきくねん

《スポンサードリンク》

▼これが[面壁九年]の意味です

  • 意 味:九年間の長い間、壁に向かって座禅を組んで修行すること。転じて、一つの目的に長い歳月をかけて心を傾け、努力するたとえ。
  • 解 説:【故事】 達磨だるま大師が、中国の少林寺で無言のまま九年間も壁に面して座禅し、悟りを開いたという故事による。
  • 出 典:『景徳伝燈録』
  • 用 例:面壁九年の修学をば、なお終ずして早く巳に、尻が裂れたる書生もあるべし。以下の物語を読む人々は、情欲の種類のいろいろなるをば、些と気をつけて見たまえかし。(坪内逍遥『当世書生気質』)
  • 類義語:
    九年面壁(くねんめんぺき)
LINEで送る



《スポンサードリンク》



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【ま行】の四字熟語(最新順)



ホーム > 【ま行】 > 【面壁九年】めんぺきくねん