【盲亀浮木】もうきふぼく

《スポンサードリンク》
 

▼これが[盲亀浮木]の意味です

  • 意 味:人と出会ったり、物事が実現したりすることがきわめて難しいことのたとえ。
  • 由来 / 語源:大海を漂う、目の見えない亀が流木の穴に遭遇する程の稀少な確率。寓話から。
  • 出 典:『雑阿含経』
  • 英 訳: 
  • 使い方 / 例文:仏教の経典では人が人として生まれ、尊い教えに出会う可能性を「盲亀浮木」と表現している。
  • 類義語:
    千載一遇(せんざいいちぐう)
    曇華一現(どんげいちげん)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す☆☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=