【夜郎自大】やろうじだい

《スポンサードリンク》
 

▼これが[夜郎自大]の意味です

  • 意 味:自分の力量をわきまえず、仲間うちで威張ること。知識も力もないのに尊大にふるまうことのたとえ。
  • 由来 / 語源:「夜郎」は漢の時代中国の西南部にあった小国の名前。「自大」は自分を大きく見せる尊大な態度。
  • 【故事】 漢の使者がこの小国に立ち寄った際、漢の強大さを知らなかった夜郎国の王が自分の国の力を自慢したと言う故事による。
  • 出 典:『史記』
  • 英 訳:act with arrogance and recklessness (夜郎自大に振舞う)
  • 使い方 / 例文:
    ① 大学時代は夜郎自大で過ごせたかもしれないけれど、社会では通用しませんよ。
    ② 日本は世界の田舎者であり、世間知らずであって、勝手放題の一人よがりとなったのである。いわゆる中国人が云う夜郎自大の類である(徳富蘇峰「敗戦学校」)
  • 類義語:
    蜀犬吠日(しょくけんはいじつ)
    井蛙之見 (せいあのけん)
    唯我独尊(ゆいがどくそん)
    用管窮天(ようかんきゅうてん)
    遼東之豕(りょうとうのいのこ)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:漢検4級
  • 人気 / 実用度:話す★☆☆ 書く★☆☆
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=