【油断大敵】ゆだんたいてき

《スポンサードリンク》
 

▼これが[油断大敵]の意味です

  • 意 味:油断すれば必ず失敗の元になるから、油断を非常に警戒しなくてはならない。
  • 由来 / 語源:「油断」は灯火の油を断つことから、気をゆるめる意。
  • 使い方 / 例文:たけは、油断大敵でせえ、と言っただけで格別ほめもしなかった。(太宰治『津軽』)
  • 類義語:
    油断強敵(ゆだんごうてき)
    伏寇在側(ふくこうざいそく)
  • 対義語:
  • 漢字検定出題レベル:
  • 人気 / 実用度:話す★★★ 書く★★★
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=