《連想四字熟語》こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀) から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》
 

▼これが「こち亀」から連想する四字熟語です

《連想四字熟語》こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀) から連想する3つの四字熟語
※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

国利民福(こくりみんぷく)

国家の利益と、民衆の幸福のことを、「国利民福」といいます。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公、両津勘吉は、警視庁の警察官であり、国民を守る仕事をしているはずなのですが、その日常はメチャクチャで、交番に道を聞く人がくれば乱暴に追い返し、好き勝手に拳銃を発砲するなど、不祥事のデパートのような困った人物です。

けれども、善をも悪をも等しく粉砕するような破天荒と、誰にも負けない情の厚さから、多くの人に慕われ、いつのまにか周囲を幸せにしています。大きな目で見れば、国利民福を体現した人物であると、言えなくもありません。

利用厚生(りようこうせい)

物を役に立つように用いて、暮らしを豊かにすることを、「利用厚生」といいます。

両津勘吉、通称両さんは、職務中にギャンブルにふけったり、仕事を平気でサボったり、借金を踏み倒したりして、大勢の人に迷惑をかけ続けているのに、警察をクビになりません。

警察官になる前は、最凶の不良と呼ばれていたそうで、普通に考えたら、とても警察官に向いている人材ではないのですが、最凶であるからこそ、世の中の悪や不良と渡り合えるであろうということで、いわば「利用厚生」の発送から採用になったようです。実際、作中で、両さんは人間とは思えないような体力や行動力で、人を助けたり事件を解決したりしています。犯罪者の検挙率も高いとのこと。

猪突猛進(ちょとつもうしん)

周囲の状況を考慮することなく、イノシシのように、ひたすら真っ直ぐに突き進んでいくことを、「猪突猛進」といいます。

両さんは、とにかく後先考えず、思いつきを実行してしまうことがあります。飽きっぽいところもあるため、何かに熱中して猛進しては、またすぐに別なことに邁進するという具合で、小刻みな猪突猛進が繰り返されるイメージがあります。

[Book] 200巻刊行記念!本棚付きの限定セット
[amazonjs asin=”B01I9UWG2W” locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp限定】こちら葛飾区亀有公園前派出所 200巻刊行記念 コミック1-200巻 オリジナル描き下ろしイラスト本棚付セット”]
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=