ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》吉田松陰から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》吉田松陰から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これが吉田松陰から連想する四字熟語です

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

一新紀元(いちしんきげん)

新しい時代がはじまることを、「一新紀元」といいます。

吉田松陰は幕末の長州藩に生まれ、幼い頃から松下村塾で学問を修めて、才能を認められていましたが、新しい時代の学問、知識に対して並々ならぬ情熱をもっており、それがやがて倒幕の思想へと進んだため、新時代を見ることなく幕府に捕らえられて処刑されています。けれども吉田松陰の思想と行動は、日本の一新紀元の礎となったことは、間違いありません。

雲泥万里(うんでいばんり)

二つのものが、天と地ほども大きく違っていること、極端に差があることを、「雲泥万里」といいます。

吉田松陰は、欧米の文化や軍事力が、当時の日本のものとは雲泥万里であることに驚嘆し、なんとかそれらに触れ、学ぼうと考えていました。ペリーが黒船に乗って浦賀に来航した際には、なんとか船に乗り込もうとして、小舟を漕いで押しかけたという逸話も残っています。

③ 猪突猛進(ちょとつもうしん)

状況や危険の度合いを顧みず、激しく突き進むことを、「猪突猛進」といいます。

吉田松陰は学問を修めたエリートという印象がありますが、その人生は、思い込んだら命がけという、無謀な行動の連続でした。ロシア船で密航しようとしたり、通行手形の発行を待たずに脱藩して東北遊学したため投獄されたり、黒船に乗り込んで死罪になりかけたりした挙げ句、倒幕思想を持ったために、安政の大獄で処刑されています。

[推薦本] 今の時代でも通用する大切な一言




四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》吉田松陰から連想する3つの四字熟語