《連想四字熟語》豊臣秀吉から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》
 

▼これが豊臣秀吉から連想する四字熟語です

《連想四字熟語》豊臣秀吉から連想する3つの四字熟語
※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

機略縦横(きりゃくじゅうおう)

自由自在に計略を発案、運用できることを、「機略縦横」といいます。

豊臣秀吉は、庶民の出身と言われてますが、織田信長のもとで仕えるうちに、頭角を現し、さまざまな仕事を成功させて、低い身分から有力者として台頭していきます。戦場でも、外交工作でも、秀吉はまさに機略縦横の活躍を見せました。

人心収攬(じんしんしゅうらん)

人々の心をとらえ、信頼関係をつくることを、「人心収攬」といいます。

豊臣秀吉は武家の出身ではないため、もともとの家臣というものを持ちませんでしたが、出世して天下人となるまでの間に、多くの家臣を持つことになります。織田信長亡きあとは、その家臣団を引き継ぎ、敵対関係にあった武将をも掌握しています。機略だけではない、人間的な包容力、迫力が、武将たちの心をつかんだのでしょう。

豪華絢爛(ごうかけんらん)

きわめて華やかで、光り輝くように派手な様子のことを、「豪華絢爛」といいます。

豊臣秀吉は、人と違っていることや、派手なことを好む性格だったと言われています。特に天下人となってからは、黄金の茶室を作り、大規模な能楽や花見の会などを頻繁に行うなど、まさに絢爛豪華な人生であったといえるでしょう。

[推薦本] 秀吉研究の最前線を取材した一冊
[amazonjs asin=”4800261325″ locale=”JP” title=”新解釈 豊臣秀吉 (別冊宝島 2499)”]
《スポンサードリンク》
 

《小学生向け》おすすめ四字熟語本 =2018年版=