ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》聖徳太子から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》聖徳太子から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これが聖徳太子から連想する四字熟語です

《連想四字熟語|偉人編》聖徳太子から連想する3つの四字熟語

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

聡明叡知(そうめいえいち)

生まれたときから非常に賢く、物事を先まで見通し、真実を見極める力を持っていることを、「聡明叡智」といいます。「聡・明・叡・智」は、聖人の持つ四つの徳のことでもあります。

聖徳太子は、幼いころから大変に聡明で、多くの人の言葉を同時に聞き分ける異能を発揮したり、外来の文化を深く理解するなど、高い知性のあったことがうかがえるエピソードをたくさん残しています。

洽覧深識(こうらんしんしき)

知識がとてつもなく広く、博学であることを、「洽覧深識」といいます。

聖徳太子は、いち早く仏教について学び、その洽覧深識をもって、宗教としての本質的な性格と、文化的な意味合いとを深く理解し、国をまとめる考え方として取り入れようとした人であると言われています。

薤露蒿里(かいろこうり)

「薤露」と「蒿里」は、ともに葬送の折にうたわれた挽歌の名であり、そのことから、人の命が極めてはかないことを言うようにもなりました。

聖徳太子は、極めて徳が高く、また有能な為政者でありましたが、四十八歳で、病死したといわれています。太子の亡くなる直前に、太子の母と妻も亡くなっており、また子孫である上宮王家も、のちに滅亡することとなります。薤露蒿里、人望の高かった聖徳太子の人生はかなさを思わずにはいられません。

※その他、十七条憲法第一条の「用和為貴(ようわいき」も有名です。

[推薦本] 聖徳太子像を丁寧に紐解く一冊



四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》聖徳太子から連想する3つの四字熟語