ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》マッカーサー元帥から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》マッカーサー元帥から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これがマッカーサー元帥から連想する四字熟語です

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

慈母敗子(じぼはいし)

母親が子どもに惑溺し,甘やかしすぎると、子どもがうまく育たないということを、「慈母敗子」といいます。

連合国軍最高司令官だった、ダグラス・マッカーサー元帥は、母親に溺愛され、大人になってからも、職場や結婚生活で、母親の多大な影響を受け続けていたといいます。軍人として大きな功績を遺したマッカーサーですが、人の上に立つ人物としての評価のなかには、利己的で部下を大切にせず、忠誠心もないといった、利己的な面を指摘するものもあります。

阿修羅道(あしゅらどう)

強い闘争心、嫉妬や猜疑心、執着心のことを、「阿修羅道」といいます。

アメリカの陸軍元帥として、また連合国軍最高司令官として第二次世界大戦を戦い続けたマッカーサーの歩んだ道は、阿修羅道そのものであったといえるかもしれません。軍神ともいわれることのあるマッカーサーは、実は何度も作戦に失敗し、敵であった日本の戦力を見誤って失策することもあり、マッカーサーが指揮したフィリピンでの戦いでは、アメリカ軍は、第二次世界大戦中最大の人的被害を出しています。

過大評価(かだいひょうか)

実際よりも、価値や量などを多く見積もり、評価することを、「過大評価」といいます。

真珠湾攻撃のとき、マッカーサーは日本の軍事力を過小評価していましたが、その後、過大に評価するようになったそうです。マッカーサー元帥自身を英雄とする、当時のアメリカ国内の評価についても、さまざまな政治的な意図から宣伝に利用された面もあり、評価事態を過大であるとする見方もあります。

[推薦本] 日本のいちばん悲しかった日々




四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》マッカーサー元帥から連想する3つの四字熟語