ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》卑弥呼から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》卑弥呼から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これが卑弥呼から連想する四字熟語です

《連想四字熟語》卑弥呼から連想する3つの四字熟語
※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

度徳量力(たくとくりょうりき)

為政者が、治める民からの人望を集められるだけの人格があるかどうか、政治力を持っているかどうかを、推し量ることを、「度徳量力」といいます。

中国の歴史書、「魏志倭人伝」に登場する、倭国の女王卑弥呼は、人前に姿を現すことが滅多になかったにも関わらず、よく民を従えて国を治めていました。倭国と交流のあった魏の国は、度徳量力して、卑弥呼を実力ある王と認め、金印などを授けています。

男子禁制(だんしきんせい)

男子禁制」とは、男性の立ち入り、接近を禁じることをいいます。

卑弥呼は成人しても夫を持つことがなく、弟に国政を補佐させ、多数の侍女達を従え,たった一人の男性だけに身の回りの世話や人との取り次ぎをまかせ、民の前に姿を現すことはほとんどなかったといいます。完全な男子禁制ではありませんが、政治の場から、男性を排除して国を治めた、希有な為政者であると言えそうです。

祭政一致(さいせいいっち)

神を祭り崇めることと、国政を行うことが、一体であるという考え方や、そのような政治のありかたを、「祭政一致」といいます。

「魏志倭人伝」によると、卑弥呼は、「鬼道」をもって民を惑わして従え、国を治めていたと説明されています。「鬼道」がどんなものであるかについては、諸説ありますが、民衆の前にほとんど姿を現さず、堅固な守りのなかに引きこもって暮らしていたという、ミステリアスなありかたから、呪術的なリーダーであることと、国を治める王であることを兼ね備えた人物であったのではないかと想像されます。

[推薦本] 女王卑弥呼の謎と魅力に迫る一冊



四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》卑弥呼から連想する3つの四字熟語