ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》明智光秀から連想する3つの四字熟語

▶ 《連想四字熟語》明智光秀から連想する3つの四字熟語

《スポンサードリンク》

▼これが明智光秀から連想する四字熟語です

※各ページ内の [解説] を読むと、より理解が深まります

三日天下(みっかてんか)

政権や実権を握っていた期間が極めて短いことを、「三日天下」といいます。

明智光秀は、織田信長の重臣でしたが、突如として本能寺の変を引き起こし、信長を自害に追い込んでいます。ところがそれが二週間もたたないうちに、羽柴秀吉の軍に叩かれ、敗北し、光秀は死亡します。あまりにも短い天下でした。

陰謀詭計(いんぼうきけい)

秘密裏に行われる、人を欺くような計略や策謀を、「陰謀詭計」といいます。

明智光秀は、本能寺の変以前から、底知れない策謀の人であったようで、さまざまな逸話をみても、なかなか本心が見えてこない、不思議な人物です。冷酷で計算高い人間であるという声もあれば、自らの家族や領民に対しては慈愛深い存在であったという記録もあります。もしかすると、全て光秀が意図的に生み出した人物像なのかもしれません。

鴛鴦之契(えんおうのちぎり)

夫婦の仲が極めて良いことを、「鴛鴦之契」といいます。

明智光秀には、愛妻家という意外な一面があります。妻木家出身の正妻、煕子を、亡くなるまで大切にし、側室を取ることもなかったといいます。また煕子も、光秀が不遇だった時期からずっと、支え続けていたと言われています。

[推薦本] 「本能寺の変」は、変!?



四字熟語人気ランキング

《スポンサードリンク》


【2017年の座右の銘】にしたい四字熟語を30個集めてみた
ケンミン四字熟語《公式》|47都道府県の県民性を四字熟語で表してみた
【漢検】に出る四字熟語1〜5級 [一覧]

▼カテゴリ別 四字熟語

  • 不撓不屈(ふとうふくつ)
  • 七転八起(しちてんはっき)
  • 臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

  • 率先垂範(そっせんすいはん)
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)

  • 前途洋々(ぜんとようよう)
  • 先見之明(せんけんのめい)
  • 青雲之志(せいうんのこころざし)

  • 有終之美(ゆうしゅうのび)
  • 心願成就(しんがんじょうじゅ)
  • 盛徳大業(せいとくたいぎょう)

  • 大器晩成(たいきばんせい)
  • 大願成就(たいがんじょうじゅ)
  • 名聞利益(みょうもんりやく)
  • 猪突猛進(ちょとつもうしん)
  • 勇往邁進(ゆうおうまいしん)
  • 無我夢中(むがむちゅう)

  • 乾坤一擲(けんこんいってき)
  • 背水之陣(はいすいのじん)
  • 百折不撓(ひゃくせつふとう)

  • 一念発起(いちねんほっき)
  • 初志貫徹(しょしかんてつ)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)

  • 孟母三遷(もうぼさんせん)
  • 文武両道(ぶんぶりょうどう)
  • 刻苦勉励(こっくべんれい)

  • 百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
  • 全力投球(ぜんりょくとうきゅう)
  • 疾風迅雷(しっぷうじんらい)

  • 一意専心(いちいせんしん)
  • 意志堅固(いしけんご)
  • 堅忍不抜(けんにんふばつ)

  • 一宿一飯(いっしゅくいっぱん)
  • 恐悦至極(きょうえつしごく)
  • 報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

  • 一心不乱(いっしんふらん)
  • 発憤忘食(はっぷんぼうしょく)
  • 大死一番(だいしいちばん)

  • 無病息災(むびょうそくさい)
  • 一心一如(いっしんいちにょ)
  • 君子万年(くんしばんねん)

  • 切磋琢磨(せっさたくま)
  • 相乗効果(そうじょうこうか)
  • 二人三脚(ににんさんきゃく)

  • 《スポンサードリンク》



    ホーム > 《偉人×四字熟語》 > 《連想四字熟語》明智光秀から連想する3つの四字熟語