ホーム > 【あ行】 > 愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る(あいしてもそのあくをしり、にくみてもそのぜんをしる)

▶ 愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る(あいしてもそのあくをしり、にくみてもそのぜんをしる)

《スポンサードリンク》

▼[愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る]の意味はコチラ

  • 意 味: 心を広くもち、愛している人でも、その人の欠点を見極め、憎んでいる人でも、その人の長所を認めることが重要だということ。
  • 読 み: あいしてもそのあくをしり、にくみてもそのぜんをしる
  • 解 説: 
  • 出 典: 『礼記』
  • 英 語: 
  • 類義語: 好してその悪を知り、悪みてその美を知る者は、天下に鮮なし
  • 対義語: 愛してその醜を忘る/痘痕も靨



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る(あいしてもそのあくをしり、にくみてもそのぜんをしる)