ホーム > 【あ行】 > 明日ありと思う心の仇桜(あすありとおもうこころのあだざくら)

▶ 明日ありと思う心の仇桜(あすありとおもうこころのあだざくら)

《スポンサードリンク》

▼[明日ありと思う心の仇桜]の意味はコチラ

  • 意 味: 世の中や人生も明日はどうなるかわからないということ。明日をあてにしていると、せっかくの機会を逸してしまう。
  • 読 み: あすありとおもうこころのあだざくら
  • 解 説: 桜の花が明日もまた美しく咲いているとは限らないという意から転じたことわざ。
  • 出 典: 「夜半に嵐の吹かぬものかは」と続く親鸞上人の詠んだ歌。
  • 英 語: Never put off till tomorrow what you can do today.
  • 類義語: 無常迅速諸行無常世の中は三日見ぬ間の桜かな万物流転
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 明日ありと思う心の仇桜(あすありとおもうこころのあだざくら)