ホーム > 【あ行】 > 朝に紅顔あって夕べに白骨となる(あしたにこうがんあってゆうべにはっこつとなる)

▶ 朝に紅顔あって夕べに白骨となる(あしたにこうがんあってゆうべにはっこつとなる)

《スポンサードリンク》

▼[朝に紅顔あって夕べに白骨となる]の意味はコチラ

  • 意 味: この世は無常で、人の生死は予測できないことをいう。
  • 読 み: あしたにこうがんあってゆうべにはっこつとなる
  • 解 説: 朝は血色のよい顔をしていた者が、夕方には死んで白骨となっているという意から。
  • 出 典: 『和漢朗詠集』
  • 英 語: 
  • 類義語: 昨日の花は今日の塵/昨日の淵は今日の瀬/槿花一日の栄/盧生一炊の夢
  • 対義語: 



《スポンサードリンク》

▼50音順でさがす


     |      |     
     |      |     
     |    |     | 

⇒このカテゴリ【あ行】のことわざ(最新順)



ホーム > 【あ行】 > 朝に紅顔あって夕べに白骨となる(あしたにこうがんあってゆうべにはっこつとなる)